REXEF(レクセフ) - ウェブデザイン&ウェブプログラム

ホームページ制作のREXEF(レクセフ)です


ホームページ制作

昨今のウェブ事情では、訪問者へのアクセシビリティが益々強く求められるようになってきました。 これは、情報の発信手段に於いて、旧来の制作側の都合に合わせた「公開者主導型」から、 環境や条件の異なるアクセスに対しても不便を与えない「訪問者主導型」への移行の必要性に、 世間のウェブオーナーらがようやく気付きはじめてきたと言うことです。

レクセフでは、ホームページを公開されるお客様は勿論のこと、そのホームページのご利用者様にもご満足頂くため、 "ウェブ標準" への取り組みを基本前提としたウェブ制作サービスをご提供いたします。

  1. W3C準拠

    XHTML+CSSによるウェブ制作
    文書情報とデザイン要素を構造的に切り分け、且つ文書構造をより明確に記すための取り組みをおこないます。 これにより検索エンジン等の解析ロボットに対して無駄なく文書内容を正確に伝えることが出来、 またデザイン要素に於いてもソースの合理化と優れたメンテナンス性が得られます。

    * 企業サイトに於いては、社内広報ルール・ガイドライン・ベーシックに基づいた制作依頼も承ります

  2. WCAG配慮

    アクセシビリティへの配慮と取り組み
    音声読み上げブラウザ、携帯電話、その他のあらゆる環境を想定し、環境差吸収のための代替え情報への配慮により、あらゆる利用者の便を図る事を目的とした取り組みをおこないます。 特にお客様サポートを有するウェブサイトに於いては、どのようなアクセス形態であっても可能な限り同等の情報とサービスが提供されるべきであると考えられます。

  3. クロスブラウザ

    環境に依存しないレイアウト+スクリプトの実現
    閲覧環境によりページのレイアウトが崩れたり、プログラムの挙動が変化する事の無いよう、プラットフォームとブラウザに依存しないページ作りへの取り組みをおこないます。

    * その他、指定環境に応じた制作依頼も承ります

  4. SEO/SEM対策

    検索エンジン対策
    デザインとは別に、文書の"情報としての発信"にも有利となるページ構造を意識した取り組みをおこないます。 W3C準拠によるXHTML+CSSを基礎として、更にウェブサイトの目的に合った関連キーワードを配慮しつつ、 如何に効果的に文書を組み立て発信すべきかを検討していきます。

TOP


REXEF(レクセフ) REXEF(レクセフ)

RSS 1.0 Atom 1.0

Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!